研究会行事

2020年6月30日 (火)

京滋奈6月定例会報告(第一部)

6月もコロナ感染拡大予防のため、Web会議システムで定例会開催されました。
第一部は、米倉しく子先生による「四診~望診~」の講義。

四診とは、中医学独自の診察手法のことで、望診、聞診、問診、切診の4つの診法から成り立っています。この四診を必ず有機的に組み合わせて臨床運用することが大切です。
この四診から得られた情報を総合すれば、病気がどこにあるのか、その性質がどうか、どこから対応していくのかを正確に判断できます。
 さて、昨年一年をかけて講義頂いた問診に続き、今年は望診から講義開始です。

 望診は、字のごとく、視覚器官を駆使して観察を行い、病状を捉えることを指します。
その観察範囲は非常に広く、病人の精神・意識から、姿かたち、舌の状況、さらには分泌物、排せつ物の色質など多岐にわたります。
 レントゲンみたいに直接見てはいませんが、外から得た多くの情報から、身体の中を見ようとするわけです。
 長きにわたる中医学の臨床実践から得られた観察の要点は、非常に納得のいくものばかりです。

 また、Web上でのグループディスカッションという初めての試みだった症例検討でも、出来る限り多くの情報を得て、総合的に判断することの大切さを教えて頂きました。

 京滋奈中医薬研究会会員店でのご相談は、ちょっぴり長めにお時間を頂くことがあります。これは、出来るだけたくさん拝見して、出来るだけたくさんお伺いして、より正確な判断、よいご提案が出来るようにという想いの現れです。
 ぜひお近くの会員店に足を運んで頂き、その熱い想いに触れてみてください。

 

 

                                         京都 保生堂薬局 田中秀明  

|

2020年6月 1日 (月)

5月度定例会より

劉桂平先生に『中医学食養生』についての講義をしていただきました。

現代人の食生活の問題点として、欧米化、過食や偏食、野菜不足、時間が不規則などがあげられています。
摂取したものが体内で上手に調和できないと、それが病邪となり、内臓の働きや全身のバランスが崩され様々な病気になります。

つまり、本来農耕民族である日本人が、今のような合わない食生活に高温多湿という環境が重なることで、病気の原因となる湿熱・痰湿・瘀血を生じやすくなってしまうのです。

現代栄養学では、成分を摂取することが重視され、ときに胃腸の負担が重くなるケースが見受けられます。
脾胃は気血津液を生化する源でもあるので、脾胃が強くなれば心身ともに健康になると言われているように、栄養を摂ることに加え、尿や便という排泄のことなど、全体的な調和を考えながら、脾胃腸を守ることができる食養生を実行していけば、健康につながるといえます。

心身ともに健康であるには、
和食(味噌汁や煮物)などを中心に、栄養豊富で消化しやすいものを腹八分目、食事の時間を守る。
胃腸の負担を軽くし、腸内環境を常にきれいにしておくことが重要なポイントです。

その他、適度に汗を流す、やさしい日光を適度に浴びる、生活リズムを整えるなど
食養生と健脾剤を活用して胃腸の働きが安定することにより、さらなる健康増進が期待されます。

生活リズムや体質、環境などその方に合った漢方と食養生をご提案させていただきます。
お気軽にご相談ください。

 奈良 一陽館薬局 学園前店 木村敦子

|

2020年5月 8日 (金)

4月度定例会より

戦冬雲先生の講義を聴講しました。
新型コロナウイルス対策のためWebで行われました。

 

今回のテーマは、「活血化瘀理論の応用」でしたが、先日、新型コロナウイルスについて、中国で実際にその治療等にあたられていた中国工程院院士張伯礼先生(天津中医薬大学)との特別Web交流会が行われたことと、新型コロナウイルス肺炎の治療においても活血化瘀も重要になってくることから、まず張伯礼先生の講義の内容を紹介して下さいました。

 


中医学(中国漢方)では防疫において3000年以上の歴史があり、理論体系が形成されている。この新型肺炎は中医学の分析によると、湿毒疫であり、その病理性質として、湿、熱、毒、虚、瘀である。中国では隔離と、中西医結合(中医学と西洋医学を合わせて)での治療が行われました。

 

漢方薬(中成薬)として三薬三方(血必浄や既存の処方を基にして新たに考え出された清肺排毒湯など)が用いられ、そのことにより陽性率の低下し、軽症が重症化する割合が抑えられ、重症患者の治癒率を高めるという結果が得られたということでした。
中国で使用された三薬三方は日本になくその製剤は手に入らないです。
ただし、日本で市販されている漢方薬でその症状や証について対応できそうなものがあるようです。

 

日本でもできることをして早く終息することを願っております。

 

新型肺炎でも瘀血証(血液循環が緩慢になったり、停滞したり、あるいは血管から漏れ出て再吸収されないで体内に停滞した状態)がみられ、血液の浄化(酸素を取り込んで、二酸化炭素を排泄)のため、毛細血管が非常にたくさんある肺胞(肺の奥)に影響がでてきます。
その場合、瘀血の治療(活血化瘀)が必要になり、中国では新型肺炎に血必浄が使われています。

 


活血化瘀のものとして、血管力アップするもの、養血活血もの、消癥(癥瘕(ちょうか:腹内につかえた塊、瘀血の状態が悪化)に対する)のものを紹介して下さいました。
瘀血ということから血の巡りの大切さを考えさせられました。
瘀血に対応できるものがあるということについては心強く思いました。
 

 わやくや千坂漢方薬局 千坂武司

 

 

 

|

2020年2月22日 (土)

2020年2月定例会講義から

2020年度の講義が今日からスタート!
初回は、イスクラ産業の陳志清副社長より講義頂きました。
 まずは、現在、世界的に感染拡大している「新型コロナウイルス肺炎」についての最新情報とその中医学的対応についてお話がありました。
 
 中国・武漢での死亡率などセンセーショナルなニュースも多いが、中国内の他の都市での死亡率はかなり低く、武漢では治療体制のパンク状態が影響しているようであるとのことで、医療水準の高い日本国内においては、現段階では同様のことは起こりにくいのではないかとのお話でした。
 ただし、過剰な恐怖心を持つ必要はないが、現時点ではインフルエンザにおける抗ウイルス薬のように有効性が立証された治療手段がないため、かからないように、広げないような手段を出来るだけ講じるべきであるとされました。

 

 例年インフルエンザや風邪なども流行期を迎えるこの季節。
あらゆる感染症に対しても、うがい、手洗いを基本として、また飛沫感染リスクを低減する意味でのマスク着用をとのお話を頂いた上で、中医学的にみたこの時期の養生をご紹介頂きました。
 〇自身の身体作り:扶正(健脾補気、滋陰潤肺)。
    中医学の「気」には、周りから身体を守るバリア機能も含みます。「気」を作り出す脾(胃腸)を整え、「気」の不足を防ぎましょう。
    また、外邪の主要な入り口となるのは肺(呼吸器系)です。中医学では、肺は乾燥を嫌うと言われ、外気も乾燥している今の季節はなおさら注意が必要です。
   身体に必要な潤いを補い、肺を乾燥から守りましょう。
    よく用いられる生薬としては、黄耆(オウギ)、白朮(ビャクジュツ)、防風(ボウフウ)、麦門冬(バクモンドウ)、五味子(ゴミシ)、人参(ニンジン)など。
 〇外邪を取り除く:祛邪
    胃腸の働きを損なってはならないので、苦寒の性質を持つ生薬には注意する必要があり、その性質があまり強くないものを使用すべきとされました。
 よく用いられる生薬としては、金銀花(キンギンカ)、連翹(レンギョウ)、板藍根(バンランコン)など。

 

 もちろん、身体を回復、体調を整える十分な睡眠時間と、ストレスの少ない生活をと講義を締めくくられました。
                   

 

                                         京都 保生堂薬局 田中秀明  

 

|

2019年10月31日 (木)

10月度定例会報告 「小児の不定愁訴」について

10月定例会第一部は、米倉しく子先生より弁証論治講義を頂きました。
今回のテーマは「小児の不定愁訴」です。
 
まず小児の特徴・捉え方として、
「小児は小さな大人ではない。ただ体重が軽く、身長が低いだけではない。日々成長中であるという大きな違いがある」と述べられました。
 生理的には、臓腑そのものも、また働きの面からも発育が未発達であり、特に肺・脾(胃腸)・腎ではそれが顕著とのことでした。よって外的要因が侵入しやすく、胃腸の弱さによる水はけの悪化なども生じやすいため、「急に発病しやすく、その後の状況変化も早い」とのこと。
夕方まで走り回っていた子が、その後突然高熱を出したというご経験をされた方も多いのではないでしょうか?
 また、小児の心理面の特徴として、中医学的な三つの亢進・過剰が、多動・多喜・多怒につながりやすく、また四つの機能低下・不足により、思・憂・恐が少なくなっています。
 
 最後に、小児の体調をはかる際のポイントとして、目つき、舌の状態と皮膚の観察などを挙げて頂きました。
 ある程度のご年齢になるまでは、親御さんからのお話が重要になるものの、中医学で「望診」と呼ばれる視覚を用いた観察の重要性を改めて感じ、日々の対応で心がけねばと思いを新たにしました。

 ご自身のこと、またご家族皆様のご健康についても、どうぞ京滋奈中医薬研究会の会員店にご相談ください。


                                         京都 保生堂薬局 田中秀明  

|

2019年10月30日 (水)

10月度定例会報告より

イスクラ漢方直営店の総括責任者・六本木店管理薬剤師の
今井健二先生から店頭ノウハウについてご講義いただきました。

イスクラ漢方直営店とは初代店長は我らの恩師である猪越恭也先生が務められたお店ですので、漢方相談を中心に経営されておられます。

今回の今井先生のお話は経営の数字はもとより、お客様に対してのアピールの仕方を多く教えていただきました。

いまでは多くの若い人が使っているツイッターやSNSでお店の情報を発信して
おられること多く、それにはお店の店長や従業員の顔をアップしていくことが大切であるし、顔が見えることでお客様の安心につながると教えていただきました。
またお店のポップやブラックボード(店頭看板)の書き方も目にとまりやすく見やすく書かれていて大変参考になりました。

そのほか、相談されたお客様には必ずサンキュウレターをお出しするとか、ダイレクトメールやニュースレターも必ず定期的に出されているお話などおうかがいして、全然できていない私にとって刺激的なお話でした。

すべてはお客様のためにまだまだやらなければならないことが多くあることを痛感し
てこれからも頑張って勉強していこうと思います。


 奈良 ドラッグストアーヘルシー 大嶋 清


 

|

2019年10月 3日 (木)

京滋奈中医薬研究会 9月定例会報告「めまい」


今月の定例会の前半では、漢方の健伸堂薬局 京都四条店 米倉しく子先生に「めまい」について講義していただきました。

めまいとは目が回るようなくらくらした感覚の総称です。ふわふわ、ゆらゆらする感覚も含まれます。

中医学ではめまいを起こす代表的な証として、次のようなものを考えます。
<肝陽上亢証>は肝陽が頭部に上昇することでめまいが起こるケースです。めまいの他にいらいらして怒りっぽい、こめかみのあたりの頭痛などといった症状を伴うことがあります。この場合は上昇した肝陽を下げる釣藤散、肝陽を冷ます、瀉する(体から出す)瀉火利湿顆粒などを用います。
<腎精不足証>は加齢や病気の長患いなどで腎精が不足することによってめまいが起こるケースです。めまいの他に足腰のだるさ、耳鳴りなどを伴うことがあります。この場合は腎精を補う亀鹿仙、杞菊地黄丸、参馬補腎丸などを用います。
<気血両虚証>は人体に必要な気血が不足することによってめまいが起こるケースです。めまいの他に倦怠感、唇や爪に艶がないなどといった症状を伴うことがあります。この場合は気血を補う心脾顆粒、婦宝当帰膠、十全大補湯などを用います。
<痰濁中阻証>は胃腸の弱い体質や濃厚な食べ物の過食などで体内に溜まった痰濁によってめまいが起こるケースです。めまいの他に痰が多い、体や頭がだるいなどといった症状を伴うことがあります。この場合は体から痰濁を除く温胆湯、半夏白朮天麻湯などを用います。
<瘀血内阻証>は血の流れの悪さや血の鬱滞によってめまいが起こるケースです。この場合は血の流れを良くする冠元顆粒、血府逐瘀丸などを用います。
さらに、これらの証が複合的に絡み合っているケースもあります。

めまいにお悩みの方、めまいを起こしやすい体質を改善したい方は、お近くの日本中医薬研究会の会員店にご相談ください。

参考:日本めまい平衡医学会ウェブサイト


 


京都府 健伸堂薬局 村上陽平   

|

2019年8月 5日 (月)

7月度 定例会報告 『不眠』について

漢方の健伸堂薬局 京都四条店  米倉しく子先生に
「不眠」について講義して頂きました。

睡眠とは睡眠の量 睡眠の質 睡眠のタイミングの観点から睡眠をとらえることが必要だということ。<日本睡眠学会より>

人間は日の出と共に起き、日没と共に眠る。大自然のリズムに即したほぼ24時間周期の生体リズムが備わっている。
私たちは1日約1/3を眠って暮らしている。食事や運動と同じように良い眠りも健康維持に欠かせない。
良い睡眠とはぐっすり眠った夜の次の朝は自然と目が覚め、気持ちがよく、疲れが取れてサッパリした感じがあるもの。

中医学的には不眠は睡眠(入眠)障害のことで種々の原因により心が養われない、心神が不安定になることで発症する。
主要なものは陽が陰に入ることができない関係から起こる。
 夜中23時~1時には陰が最も旺盛で陽が最も微小
 日中11時~13時には陽が最も旺盛で陰が最も微小となる。
問診では睡眠の異常変化を質問して、常に人体の陰陽盛衰の状況を明らかにすることができる。
不眠は臓腑では心・脾・肝・胆と関係が深く、病因として気血・痰・火がある。
不眠と関係が深い情緒は憂・怒・思・悲でこれはストレス・過労・飲食不節制・加齢・大病・慢性病の後などが原因である。

弁証 
<虚証>の場合は心脾両虚・心腎不交・肝鬱血虚があり、それぞれ代表方剤として心脾顆粒・天王補心丹・酸棗仁湯などがある。
<実証>の場合は肝火上擾・痰熱内擾・胃気不和がありそれぞれ代表方剤として、瀉火利湿顆粒・イスクラ温胆湯・晶三仙+健脾散などがある。

日々不眠に悩んでおられる方は、お近くの中医薬研究会の会員店にご相談ください。

 


|

2019年7月30日 (火)

7月度 定例会報告

劉 曉非(りゅうぎょうひ)先生による「目」のお話し

 

角膜・水晶体(ガラス)・硝子体・・・
目について学習したのは中学生の理科の授業でした。
大人になってそんな図を見る機会もなく日々を過ごしていますが
今回の勉強会で久しぶりに「目」の図をみました。
懐かしい図ですが、自分の体の中にはその図のまま存在しています。
それが今の時代の生活が、大きな病につながりつつあります。
大変興味深いお話しでした。

 

かつては「眼」について話すことと言えば
視力がいいか、悪いか、高齢者の白内障ぐらいでした。

 

最近では、眼を使う作業を続けることによる
眼の重圧感、眼痛、視力低下、複視、結膜充血などの症状や
頭痛、肩こりなどの全身症状が現れるなどの
いわゆる「眼睛(がんせい)疲労」が増えています。

 

パソコンやスマホの使用が大きく影響している
ドライアイ、ブルーライトによる眼睛(がんせい)疲労が
今は大きな問題になってきています。

 

ブルーライトの影響や、網膜血行障害、ストレス、加齢、遺伝などによる
緑内障になる方が増え続けています。

 

緑内障とは病理性眼圧上昇、あるいは正常眼圧でも
視神経の異常、視力障碍および視野障害を伴う眼病のことです。

 

眼圧が正常範囲内にもかかわらず、
緑内障になっている「正常眼圧緑内障」の人が
緑内障全体の70%以上を占めています。

 

中医学の観点からみると
気血不足(血液と気力などの不足)、
肝腎不足(肝と腎の消耗)、
肝鬱(気分が落ち込んだ状態)、
瘀血阻絡型(血液の流れが滞る)なので
栄養を摂り元気をつける。肝と腎を整え、血液を増やし、血液を流すことで
症状が改善する方向に向くと考えられます。

 

眼科に用いられる生薬には
石決明(せっけつめい)、決明子(けつめいし)、菊花(きっか)、枸杞子(くこし)などあります。

 

眼の症状に合わせた漢方だけではなく、
眼に水分が多い場合は利水作用のものを、
血流が悪ければ血液を流す物を加えるなどにより眼の症状が改善されることもあります。

 

また、眼のトラブル改善で頭がすっきりする、頭痛がなくなる、イライラ、怒りっぽいなどの気分的症状も緩和されることもあります。

 

視力異常は50歳以上の方が感じることが多いのですが
若い方にも増えているドライアイ、ブルーライトによる障害予防は
「愛護眼睛」で眼のアンチエイジングをしてみてはいかがでしょう。

 

視力低下、視力障害、眼科疾患などの予防は
「補益肝腎(肝・腎を整え)
活血通絡(血流を良くする)
清肝明目(肝の機能を調節して目の働きを回復させる)」からです。
 

 

   滋賀 マルワ漢方 木戸れいこ  

|

2019年7月 8日 (月)

6月度 定例会報告

鄒大同先生の「陰陽調整と動物生薬」を聴講しました。

 

中医学にとって、陰陽は、大切であり、日の当たる面(陽)と当たらない面(陰)が、基本的なイメージで、物質概念としては、陽は活動性、温煦性(生命活動の動力、運動、分化、拡大)、陰は滋養性、制御性(陽に対して、栄養支持、コントロール)のあるものと述べられていました。その特徴は、陰は水・寒・静・暗、陽は火・熱・動・明で、陰陽の意味として、陰陽は対になっていて相互関連しかも属性相反の有形の実体と無形の気があるとのことでした。

 

陰陽のバランスが大切で、陰虚(陰の不足)や陽虚(陽の不足)の臓腑病位による分類と所見と対応する方剤が紹介されていました。

 

陰陽調整する生薬ですが、生薬には、植物生薬、鉱物生薬、動物生薬があります。ここでは、動物生薬の中で、脊椎動物、有血動物で滋補強壮、添精益血効用がある血肉有情之品について述べられていました。

 

陰性の動物である、亀、すっぽんの亀板(クサガメの甲羅:滋陰潜陽、益腎健骨、養血安神、固衛止瀉)、鼈甲(シナスッポンの甲羅:滋陰潜陽、退熱除蒸、軟堅散結)また、陽性の動物である鹿の鹿茸(マンシュウジカなどの幼角:温腎壮陽、補益精血、補腎、強健筋骨)、鹿角膠(シカのにかわ:補肝腎、益精血、止血)、鹿腎(シカの陰茎と睾丸:温腎壮陽、益精)及び、蛤蚧(オオヤモリの内臓を除き乾燥したもの:補肺・補腎納気、補腎益精)、海馬(タツノオトシゴ:補腎壮陽、調気和血)、阿膠(ロバの皮、骨などのにかわ:補血、滋陰、潤肺、止血)、哈土蟆油(中国林蛙:補腎益精、養陰潤肺)とその生薬を使っている製剤を紹介していました。

 

陰陽調整がうまくいっていない場合、これらを使って、うまく調整をし、病気の治癒、健康増進に役立てていければと、思っています。

 

 

 わやくや千坂漢方薬局 千坂武司

 

 

|

より以前の記事一覧