« 10月度定例会報告より | トップページ | 2020年2月定例会講義から »

2019年10月31日 (木)

10月度定例会報告 「小児の不定愁訴」について

10月定例会第一部は、米倉しく子先生より弁証論治講義を頂きました。
今回のテーマは「小児の不定愁訴」です。
 
まず小児の特徴・捉え方として、
「小児は小さな大人ではない。ただ体重が軽く、身長が低いだけではない。日々成長中であるという大きな違いがある」と述べられました。
 生理的には、臓腑そのものも、また働きの面からも発育が未発達であり、特に肺・脾(胃腸)・腎ではそれが顕著とのことでした。よって外的要因が侵入しやすく、胃腸の弱さによる水はけの悪化なども生じやすいため、「急に発病しやすく、その後の状況変化も早い」とのこと。
夕方まで走り回っていた子が、その後突然高熱を出したというご経験をされた方も多いのではないでしょうか?
 また、小児の心理面の特徴として、中医学的な三つの亢進・過剰が、多動・多喜・多怒につながりやすく、また四つの機能低下・不足により、思・憂・恐が少なくなっています。
 
 最後に、小児の体調をはかる際のポイントとして、目つき、舌の状態と皮膚の観察などを挙げて頂きました。
 ある程度のご年齢になるまでは、親御さんからのお話が重要になるものの、中医学で「望診」と呼ばれる視覚を用いた観察の重要性を改めて感じ、日々の対応で心がけねばと思いを新たにしました。

 ご自身のこと、またご家族皆様のご健康についても、どうぞ京滋奈中医薬研究会の会員店にご相談ください。


                                         京都 保生堂薬局 田中秀明  

|

« 10月度定例会報告より | トップページ | 2020年2月定例会講義から »

研究会行事」カテゴリの記事