« 京滋奈中医薬研究会 9月定例会報告「めまい」 | トップページ | 10月度定例会報告 「小児の不定愁訴」について »

2019年10月30日 (水)

10月度定例会報告より

イスクラ漢方直営店の総括責任者・六本木店管理薬剤師の
今井健二先生から店頭ノウハウについてご講義いただきました。

イスクラ漢方直営店とは初代店長は我らの恩師である猪越恭也先生が務められたお店ですので、漢方相談を中心に経営されておられます。

今回の今井先生のお話は経営の数字はもとより、お客様に対してのアピールの仕方を多く教えていただきました。

いまでは多くの若い人が使っているツイッターやSNSでお店の情報を発信して
おられること多く、それにはお店の店長や従業員の顔をアップしていくことが大切であるし、顔が見えることでお客様の安心につながると教えていただきました。
またお店のポップやブラックボード(店頭看板)の書き方も目にとまりやすく見やすく書かれていて大変参考になりました。

そのほか、相談されたお客様には必ずサンキュウレターをお出しするとか、ダイレクトメールやニュースレターも必ず定期的に出されているお話などおうかがいして、全然できていない私にとって刺激的なお話でした。

すべてはお客様のためにまだまだやらなければならないことが多くあることを痛感し
てこれからも頑張って勉強していこうと思います。


 奈良 ドラッグストアーヘルシー 大嶋 清


 

|

« 京滋奈中医薬研究会 9月定例会報告「めまい」 | トップページ | 10月度定例会報告 「小児の不定愁訴」について »

研究会行事」カテゴリの記事