« 6月度 定例会報告 | トップページ | 7月度 定例会報告 »

2019年7月 8日 (月)

6月度 定例会報告

鄒大同先生の「陰陽調整と動物生薬」を聴講しました。

 

中医学にとって、陰陽は、大切であり、日の当たる面(陽)と当たらない面(陰)が、基本的なイメージで、物質概念としては、陽は活動性、温煦性(生命活動の動力、運動、分化、拡大)、陰は滋養性、制御性(陽に対して、栄養支持、コントロール)のあるものと述べられていました。その特徴は、陰は水・寒・静・暗、陽は火・熱・動・明で、陰陽の意味として、陰陽は対になっていて相互関連しかも属性相反の有形の実体と無形の気があるとのことでした。

 

陰陽のバランスが大切で、陰虚(陰の不足)や陽虚(陽の不足)の臓腑病位による分類と所見と対応する方剤が紹介されていました。

 

陰陽調整する生薬ですが、生薬には、植物生薬、鉱物生薬、動物生薬があります。ここでは、動物生薬の中で、脊椎動物、有血動物で滋補強壮、添精益血効用がある血肉有情之品について述べられていました。

 

陰性の動物である、亀、すっぽんの亀板(クサガメの甲羅:滋陰潜陽、益腎健骨、養血安神、固衛止瀉)、鼈甲(シナスッポンの甲羅:滋陰潜陽、退熱除蒸、軟堅散結)また、陽性の動物である鹿の鹿茸(マンシュウジカなどの幼角:温腎壮陽、補益精血、補腎、強健筋骨)、鹿角膠(シカのにかわ:補肝腎、益精血、止血)、鹿腎(シカの陰茎と睾丸:温腎壮陽、益精)及び、蛤蚧(オオヤモリの内臓を除き乾燥したもの:補肺・補腎納気、補腎益精)、海馬(タツノオトシゴ:補腎壮陽、調気和血)、阿膠(ロバの皮、骨などのにかわ:補血、滋陰、潤肺、止血)、哈土蟆油(中国林蛙:補腎益精、養陰潤肺)とその生薬を使っている製剤を紹介していました。

 

陰陽調整がうまくいっていない場合、これらを使って、うまく調整をし、病気の治癒、健康増進に役立てていければと、思っています。

 

 

 わやくや千坂漢方薬局 千坂武司

 

 

|

« 6月度 定例会報告 | トップページ | 7月度 定例会報告 »

研究会行事」カテゴリの記事