« 9月度 合同研修会より | トップページ | 2月定例会報告 »

2018年11月 6日 (火)

中医臨床懇話会(2018年10月22日開催)より

山岡聡文先生が講師&司会、丸山運平先生、小林洋一先生を講師に迎えて中医臨床懇話会が、京都のメルパルクで開催されました。
各会員からの「質問」に対して、講師の先生方やご参加の先生が答えて下さるというディスカッション形式なので、幅白い知識を得ることができました。
質問は、「皮膚病と補腎の重要性」「慢性蕁麻疹の本治と対処」「膝から下の高齢者の浮腫み」「免疫抑制剤の使用での副作用予防」「健康に痩せられる漢方」などが参加者の先生から寄せられ、豊富な知識と経験のお持ちの先生方が、それぞれに対して、店頭でのご経験や考えなどを惜しみなく述べてくださいました。
また、講師の先生方からは「浮腫み」「てんかん」などの症例や、「歯ぎしり」「不眠」「ダイエット」「手の接触性皮膚炎」「男性不妊(精子)」「不登校の子・塾通いの子など成長期の子どもの夜ご飯が遅いことで起こる問題」「夜ご飯の遅い現代人の健康」「つわり」「起立性低血圧症」などの問題に焦三仙が有効であった事例のお話などがありました。
それ以外に、「高齢者の腰から足の全面にかけてのしびれ」に対して、なぜ冠元顆粒+麦味参で良くなるかという話、「降圧剤は毛細血管を拡張しない」というお話、浮腫みとANP(心房性利尿ペプチド)の関係、亀板製剤など動物性の生薬が補腎やタンパク質構造の再生に早い効果があるというお話、薄毛や体臭に対する症例、慢性蕁麻疹の人、また、水虫の薬など強い抗生物質を飲んでいる人は「肝」を助ける木鶏丹が有効であるなど、1つ1つ詳しく書ききれないほど、盛り沢山のお話が出てきました。
懇話会で得たものを、お客さまのお悩みに生かせるように店頭でも取り入れていきたいです。

     滋賀 ケイアイ薬品 磯崎 香  

|

« 9月度 合同研修会より | トップページ | 2月定例会報告 »

研究会行事」カテゴリの記事