« 原因不明の湿疹 | トップページ | 漢方薬の魅力を伝えたい! »

2015年2月21日 (土)

2015年2月定例会

Panda01

 私たち京滋奈中医薬研究会会員のお店で相談販売させて頂いている顆粒、丸薬、シロップ剤などのお薬は中成薬と呼ばれています。

 今回は、その中成薬の製造販売元イスクラ産業株式会社より、吉田代表取締役にお越しいただき、現在の中成薬を取り巻く環境を中心に講演頂きました。

 昨今、中国や日本国内はもとより世界規模で漢方生薬の需要が急増しており、一方、多くが天然由来のため供給増も見込めず、他にも為替の影響などもあり、生薬価格が高騰しているとのこと。

その中で、生薬品質は中成薬の効果に直結することから、会社として、これまで通りの良質生薬の確保に全力を注いでいるとのことでした。

また、製造ラインの補完体制のさらなる向上などで、安定供給にも万全を期している旨お話があり、私たちもお客様に安心・高品質の製品を継続してご紹介できることを嬉しく思いました。

最後に、製造販売会社として、この中成薬を通じて、皆様の健康、健康長寿社会の実現に貢献していきたいとの力強いお言葉を頂きました。 

現在、私たちも吉田氏の言葉に同じく、最近話題となっている「脳疲労」に対する数々の中医学的アプローチを通して、健康長寿社会に貢献すべく活動を続けております。

「あれっ、なんだっけ?」などの物忘れ、「疲れているのに眠れない・・」などなど、脳疲労のサインかもしれません。

どうぞお近くの会員店にご相談下さい。 

 

 京都 保生堂薬局 田中秀明

 

|

« 原因不明の湿疹 | トップページ | 漢方薬の魅力を伝えたい! »

研究会行事」カテゴリの記事