« 新種の感染症に注意! | トップページ | 冷え性の漢方 »

2013年2月27日 (水)

鹿茸で腎精アップ!

先日、喫茶店でふと見たスポーツ新聞に、こんな内容がありました。

「有名プロゴルファーが使用した禁止薬物【鹿の角スプレー】って?」という見出し。
いかなるスポーツでもルールを守ったフェアプレー精神が重んじられる、ということですが、さてさて、この鹿の角って???

そうです!漢方薬としても知られる鹿茸なのです!
五臓六腑にしみわたる、なんて言いますが、中医学では、その五臓(肝心脾肺腎)それぞれに主な身体の働きが割り当てられていると考えます。

中でも中医学でいうところの「腎」は、その役割の一つとして、腎精と呼ばれる生命エネルギーの基本物質を蓄え、成長と発育、排卵や生理などのコントロールを担っています。まさに、人の誕生から寿命を迎える日まで、その一生に深く関わっていると言えますね。

さきほどの「鹿茸」。3日で1cm伸びると言われるオス鹿の幼角で、成長力の塊りと言えます。古来より腎精を補う高貴な生薬として用いられ、朝鮮人参などと並んで虚弱体質改善、強壮強精に優れた生薬とされています。Photo_2
 
前出のプロゴルファーも、「アイアンボディー」の異名をとった選手で、虚弱体質に悩んでいたわけではないと思いますが、50歳を目前に控え、更にパワーアップして、もうひと花!と手にとってしまったのかもしれませんね。

老後も長くイキイキ楽しみたい長寿社会になりました。
腎精を充実させて、パワーアップした人生を楽しみましょう!!

             京都 保生堂薬局 田中秀明

|

« 新種の感染症に注意! | トップページ | 冷え性の漢方 »

生薬の話」カテゴリの記事