« 学術シンポジウム 骨粗鬆症のおはなし | トップページ | まもなく花粉症到来! »

2011年8月10日 (水)

「そのままよ 月もたのまし 伊吹山」

8月の土日に補気会として、会員9名で伊吹山の植物観察に行ってきました。

伊吹山は、滋賀県と岐阜県の県境に位置する標高1377.31mの自然豊かな山で、日本百名山のひとつです。タイトルは芭蕉の句ですが、伊吹山は月の風情を添える必要もなく、飾らずそのままの姿で美しいとの意味だそうです。また、その山並みの秀麗さはもちろんですが、夏季は気温が810度も低く清涼感を堪能でき、また多くの高山植物が見頃とあって大勢の方が訪れます。ちなみに、伊吹山の標高、どちらから読んでも同じ数字になります。こんな山はホント珍しいそうです。

 さて、伊吹山登りの前夜は「腹が減っては・・」ということで、琵琶湖特産の鮎づくしのお料理を頂きました。鮎料理のバリエーションの豊富さに一同驚きながらも、これまた驚くようなスピードでほおばり、翌日のパワーを思いっ切りため込みました。Clip_image001_2

 二日目はいよいよ伊吹山登山です!! といっても、9合目まではドライブウェイを利用できるので、自力で登る標高差は100mちょっとといったところです。

 が、私にとっては久しぶりの山登り。遊歩道を前に「結構長そう・・」と内心思いましたが、時折吹きぬける爽快な風を感じ、また眼下に琵琶湖の絶景を望みつつ、そして何よりシモツケソウ、イブキトラノオ、イブキフウロをはじめたくさんの可愛い花々に囲まれながら心地よい汗とともに1時間ほどで無事山頂に到着することができました。

 また往復の道中や山頂では、知識豊富なネイチャーガイドさんから、よく似た植物の見分け方から名前の由来などたくさんのお話をいただきました。

普段から中国漢方のおくすりや、生薬を取り扱っていますが、実際に植物が自然の中に育っている姿を見ることはそれほど多くはありません。伊吹山の固有種もあり、また生薬としても有名な植物(婦宝当帰膠のトウキや、トリカブトなどなど)もありと多くの植物にじかに触れることができ、肝心の植物観察もたいへん記憶に残るものとなりました。

おいしい食事をたっぷり頂き、きれいな空気をいっぱい吸い込んで、文字通り明日からの英気を十分補う2日間となりました。

京都 保生堂薬局

                               田中秀明

|

« 学術シンポジウム 骨粗鬆症のおはなし | トップページ | まもなく花粉症到来! »

研究会行事」カテゴリの記事