« 4月定例会 | トップページ | 学術シンポジウム 骨粗鬆症のおはなし »

2011年4月22日 (金)

頭を動かすと「くらっ」とする

東日本大震災で被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

毎日、大変な環境におかれてつらい苦しい思いをされていることと思います。

情報や物資や人材などなどまだまだ不足だらけで不便で不安なことでしょうが、皆様の気持ちに添いたいと多くの人々が思い、願っております。

ストレスや環境の変化で心身に影響が出ることを心配して、今回、書かせていただきました。不安でいっぱいのときに少しでも役立てていただければと思っています。

先日、60代後半の少しぽっちゃりした女性が来店されました。

地震で少しゆれを感じた後も余震の影響なのか、テレビ見ていた影響なのか、いつでも揺れているように感じて、気持ちが悪い。めまいかと心配して、病院へ行って検査等をしたが特に異常は見つからなかった。上を見たり、頭を動かすと「くらっ」とする感じがすると言われました。日ごろ血圧は上が100程度なのに130くらいまで上がっていて、血圧の影響でしょうか?食事は気分が悪いときは食べられないがそれ以外は何とか食べています。睡眠はどうにか寝られていますが気分よく「寝た」という感じはありません。という話をされました。関西でも、マンションなど高層では地震のゆれをかなり感じた方がおられました。また、春は肝に影響が出やすく、自律神経の失調も目立つ季節でもあります。そこで、不安感を除きめまいや気分の悪さを解決していただきたいので、少し苦味がありますが、イスクラ温胆湯をシベリア人参茶で服用していただくことにいたしました。まず一週間服用していただいたら、「眠りの質が良くなって、気分が落ち着いてきました。」とご来店いただきました。

それからまた、二週間後には、めまいもすっかり改善して、と喜んでいただいております。

滋賀県 よねくら薬局

|

« 4月定例会 | トップページ | 学術シンポジウム 骨粗鬆症のおはなし »

頭痛、不眠、うつ症」カテゴリの記事