« 「しみ」とのながーい戦い | トップページ | 11月 京滋奈中医薬研究会・定例会開催 »

2009年11月21日 (土)

不妊症で生理前にひどくなる肩こりと頭痛

1)症状

結婚後2年、40歳前の女性。生理予定日の前日から、上記症状に吐き気まで伴い、我慢できないとお見えになりました。
毎回、生理が始まると、頭痛は楽になるが、肩こりは残るそうです。中肉で、疲れのせいか顔色はくすんで見えました。乾燥肌で、かかとのガサガサが気になるよし。 

2)お出しした漢方薬

Ⅰ:試しに、ショウマが入った漢方薬と冠元顆粒を葛湯に溶かして飲んでいただいたところ、「美味しくてホッコリする」由。
    最初3日間は、1日3回これをお飲みいただきました。

Ⅱ:4日目~25日目は、1日2回、冠元顆粒婦宝当帰膠という当帰のシロップを、熱湯で溶かして飲んでいただきました。

3)費用:25日分で\15551でした。

4)結果

(2週間後)お顔のくすみもとれ、リラックスした表情で、その後のご様子をお話いただきました。
        ①開始1~2日目に体がホンワカして、肩こりが楽になった。
        ②足のすねの辺りがカサカサしなくなった
        ③立ち仕事をしていて、夕方の足のむくみがなくなった
        ④自分で鏡を見ると、舌の苔が薄くなった。    
        ⑤体が軽くなって、運動したくなった。
        ⑥夕方の眼のかすみは、以前と変わらない。
  (25日後) ①~④に加えて、夕方の眼のかすみも楽になった

漢方で「通じざれば痛む」といいますが、肩や頭で気血の通じが良くなることによって良い結果が得られたと思われます。

きっと骨盤の中でも、気血の巡りが良くなっていることでしょう。

服用継続を希望されました。

                  滋賀、守山駅東口 ワカバ堂薬局

Walking070328

|

« 「しみ」とのながーい戦い | トップページ | 11月 京滋奈中医薬研究会・定例会開催 »

頭痛、不眠、うつ症」カテゴリの記事